【宅建士が教える】自宅を売却するときに「やってはいけない事」5選

アフィリエイト広告を利用しています

不動産・投資

自宅を売却しようと決めたら、「やっぱりなるべく高く売りたいなぁ」という気持ちがわいてきますよね。

みんな少しでも高く売りたいです。

でもそのためには、何をしなきゃいけなくて、何をしてはいけないのかわからないですよね。

この記事は、これから家を売却しようと思っている方に対して

自宅を売却するときに「やってはいけないこと」がわかるようになってもらう

為の記事です。

自宅の売却を考えている方は、不動産会社に相談する前に、この記事を読んでおいてください

コロコロ
コロコロ

不動産の売却は、人生の中でそんなに経験するものではないので、どうするのが正解かわからないですよね。これから注意してほしいことを書いていきます。

PR

無料で一括売却査定書がもらえるサイトを見てみる 三井のリハウスでスピード無料査定!確かな経験と実績で安心の不動産査定。

自宅の売却時に「やってはいけない事」5選

自宅を売却するときに「やってはいけない事」5つお話します。

まずこのことを、予習しておいてから不動産会社に相談したり売却を依頼したりするようにして下さい。

「やってはいけない事」5選
  1. 査定を1社にしか頼まない
  2. 短期間で売却しようとする
  3. 査定金額だけで依頼する不動産会社を決める
  4. 媒介契約を深く理解せずにする
  5. レインズに登録されているかチェックしない

この5つです。

順番に説明していきますのでよく理解するようにして下さい。

査定を1社にしか頼まない

自宅の売却を考えて、不動産会社に相談したら、まず「査定」をしてもらうことになります。

査定というのは、あなたの不動産が今どのくらいの価格で売れるのか、見てもらう事です。

査定の時に不動産会社が見るのは、

・ 家の築年数

・ 間取り

・ 駐車場があるか

・ リフォームなど手を入れているか

・ 立地(駅までの距離等)

・ 状態(築年数のわりにきれいとか、傷んでいるとか)

・ 周辺環境

・ 境界

だいたいこんなところです。

なので、結構、家の中から外回りまでじっくり見られることになります。

見てもらっている時間も1時間くらいはかかります。

そこで、何社にも見に来てもらうと「めんどくさいなぁ」、「時間も食うなぁ」という気持ちになって最初に査定に来てもらった不動産会社に依頼しよう!と思いがちですが、ちょっと待ってください。

査定は絶対に複数社に頼むようにして下さい!

理由は、1社だけだと査定して提示された金額が本当に相場の金額かどうかわからないからです!

数社に査定を依頼して、出てきた金額を比較して初めて売れるであろう金額が見えてきます。

この比較できる状態を作ることが大事なんです!

少々めんどくさくても、「査定は複数の会社に依頼する」という事を覚えておいてください。

短期間で売却しようとする

自宅を売却しようと思うと、次の引っ越し先の事とか考えるので、「いついつまでに売りたいなぁ」という気持ちも出てくると思います。

でも、「なるべく早く売りたい!」という気持ちはあまり表に出さずに、不動産会社とは話するようにしましょう。

あまり早く売りたい気持ちを前面に出しすぎると、安く売ろうとされてしまいます。

不動産会社の方としては、安い金額の方がお客さんが早く見つかるので楽なんです!

担当の営業マンがその月のノルマに追われていたりしたら、その月のうちに契約にもっていくために、早く売りたい気持ちに付け込まれるかもしれません。

なので、早く売りたい事情があっても、表に出しすぎないように気を付けましょう。

査定金額だけで依頼する不動産会社を決める

前に、「査定は複数社に頼む」ようにして下さいとお話しました。

実際そうした時に、例えば

A社の査定額  2,800万円

B社の査定額  1,500万円

C社の査定額  1,350万円

こんな感じで金額が出そろったら、どこに頼みますか?

A社に頼みたくなりますよね。

でもこれはおかしいと疑うべきです。

A社の担当者が、「今月の媒介契約のノルマ」の達成が危ないので、どうしても依頼をもらうために高い査定金額を出してきている可能性があります。

査定を依頼したお客さんのためではなく、担当者の自分のための金額です。

高すぎる金額で依頼してもやはり売れません。

なので、金額が飛びぬけて高い査定金額を出してくる会社(担当者)は疑ってかかりましょう!

査定金額には、根拠を示す義務が不動産会社にはあるので、しっかり聞くようにして下さい。

媒介契約を深く理解せずにする

売却を依頼する不動産会社を決めたら、次はその会社と媒介契約を結ぶことになります。

媒介契約というのは、その不動産会社に、どの物件を、どの金額で、売りに出すか決めて販売活動を依頼することを言います。

その媒介契約ですが、種類が3種類あります。

・ 専属専任媒介契約

・ 専任媒介契約

・ 一般媒介契約

この3つです。

それぞれ、不動産会社側の義務が違ってきます。

どの契約が自分にとって一番いいのか、不動産会社の担当者に納得いくまで聞くようにして下さい。

専属専任媒介契約、専任媒介契約は1社のみにしか依頼できませんが、一般媒介契約だと複数の不動産会社に依頼できます。

どちらにもメリット・デメリットがあります。

比較してよく検討してから決めるようにして下さい。

レインズに登録されているかチェックしない

自宅の売却を依頼する不動産会社を決めて、媒介契約を結んだら、いよいよ販売活動が始まります。

そして販売活動が始まって、一定に期間がたつと、依頼を受けている不動産会社は「レインズ」というところにあなたの家の物件情報を登録しなければならない義務が発生します。

「レインズ」に登録するとその情報は、他の不動産会社も見ることができるようになります。

そうすると、依頼した会社にお客さんがいない状態でも、他社が依頼した会社を通じてお客さんを連れてきてくれるようになります。

つまり、「レインズ」に登録すると売れる可能性がグッと上がるという事になります。

なにせ、全不動産会社が知ることになるからです。

ここで、依頼した不動産会社の立場で考えると、マイナスの面が出てきます。

依頼をした不動産会社は、自分でお客さんを見つけると、売主であるあなたと、買主さんの両方から仲介手数料をもらえるはずが、「レインズ」に登録して他社のお客さんで決まると、仲介手数料が売主であるあなたからしかもらえなくなります。

これを嫌って、「レインズ」に登録しない不動産業者がいます。

これは違反なんですが、そういう会社はいます。

でも、レインズに登録されているかどうかは、「レインズ」のホームページを見て確認することができるんです!

なので、さぼらずに絶対確認するようにして下さい。

PR

無料で一括売却査定書がもらえるサイトを見てみる 三井のリハウスでスピード無料査定!確かな経験と実績で安心の不動産査定。

まとめ

これまで、自宅を売却するときに「やってはいけない事」についてお話して来ました。

ここで紹介した5つの事は絶対にするようにして下さい。

不動産会社がみんながみんなちゃんとした会社ではないからです。

会社がいい会社とか、大手と呼ばれている会社でも、担当者ベースでいうとちゃんとしてるとは限らないんです。

自宅の売却は自分の大事な大事な財産の売却です。

めんどくさがらず、ここで紹介した5つの注意点は守ってください。

そしてちゃんとした不動産会社に依頼するようにして下さい。

「そんなこと言われてもいい不動産会社って見分けられない!」という方もいらっしゃると思います。

そんな人に最近は、「不動産売却一括査定サイト」がよく利用されています。

家にいながらスマホ一つで、複数の会社の査定額が比較できるので便利なサイトです

一度利用してみるのもいいですよ。

利用は無料なのでやってみる価値はあります。

この記事が、あなたの自宅の売却の参考になったなら幸いに思います。

以上、コロコロでした!

PR

☆おススメの不動産売却一括査定サイト☆

【タウンライフ】

☆不動産売却一括査定サイト

☆完全無料

60秒でスピード依頼

☆登録不動産会社220社以上

【HOME4U】

☆不動産売却査定業界最長の15年の実績

☆プライバシーマーク取得

☆査定を依頼する会社を最大6社まで選べる

☆信頼のNTTデータスマートソーシングが運営

【マンションナビ】

マンション売却に最適

最短わずか45秒の簡単査定

最大9社の査定額が比較できる

年間利用者360万人

☆おススメの不動産会社☆

【三井のリハウス】

三井のリハウス

35年連続全国NO.

☆査定無料

☆65%が2か月以内に成約

☆360°サポートが充実

コメント

タイトルとURLをコピーしました